賃貸物件を探している時に不動産屋にいくと必ず物件の条件を聞かれます。

一人暮らしをはじめる時の賃貸物件の探し方

賃貸物件に求める絶対的な条件を決めておく

賃貸物件を探している時に不動産屋にいくと必ず物件の条件を聞かれます。特に必須条件が重要になります。必須条件は自分が住む賃貸物件に絶対に求めている事で、希望条件はたくさんあっても絶対的に重要という事項を多くても5つくらい不動産屋にあげておきます。細かく条件をあげてしまうと選べる物件が少なくなってしまいます。予算にあう条件をあげておき、それにマッチした物件を選ぶ事がおすすめです。絶対条件に防犯をあげるのであれば、オートロックや2階以上という条件を付ける事になります。

部屋の広さを条件にしたい場合には、具体的な面積を伝えるとわかりやすいですし、バス・トイレ・洗面台がセットになっている一人暮らしの物件では多いですが、トイレとバスは別にしたい場合には、前もって不動産屋に伝えます。料理をしたい場合に電気コンロではなくガスキッチンという条件になります。当たり前と思いがちのエアコンも装備のチェックはしておかないと、装備がない部屋もあります。エアコンがないと夏は特に厳しく、快適な生活を送るには必需品です。不動産屋によっては自分が出した条件と異なる物件ばかりを案内するところもありますが、その場合その不動産屋はハズレと思って変えた方がよいです。

関連情報