賃貸物件を探す時のポイントですが、家賃は、一般的に収入の1/3以下が望ましいと言われていますが、地方都市の場合には1/3でも希望にあった物件を探す事はできますが、東京などの大都市

一人暮らしをはじめる時の賃貸物件の探し方

賃貸物件を探す時のポイント、家賃・プライバシー・防犯

賃貸物件を探す時のポイントですが、家賃は、一般的に収入の1/3以下が望ましいと言われていますが、地方都市の場合には1/3でも希望にあった物件を探す事はできますが、東京などの大都市では収入の1/3以下で条件に合った物件を探す事は困難です。大都市の場合には無理のない程度の金額を設定しておく事が大切です。賃貸物件を探す時には建物の構造は重要になります。木造や鉄骨の場合には遮音性はほとんど望めません。自分のプライバシーも近隣のプライバシーも聞こえてきてしまいます。

不動産屋によっては遮音性が高いと言って重量鉄骨の物件を案内してくる所もありますが、実は重量鉄骨といっても遮音性は鉄骨とほとんど変わりませんし、木造よりも鉄骨の方が音が響いてしまう事もあります。遮音性を高めたい場合には、RC構造という鉄筋コンクリートの構造やSRCという鉄骨鉄筋コンクリート構造の物件がおすすめが賃料は鉄骨や木造よりも割高になりますが、プライバシーを求める場合にはRC構造かSRC構造を条件に入れておきます。

防犯設備にポイントをおきオートロックを条件に入れる場合もありますが、オートロックは必ず安心できるものではありません。同じ住人ならばオートロックは関係ありません。2階以上にしても安心感から気持ちを緩めてしまう場合もあります。女性の一人暮らしの場合には防犯設備と防犯の気持ちは重要なポイントになります。

関連情報