賃貸物件を探す時のポイントとなる間取りには1Rや1Kなどがありますが、面積が同じであってもバスとトイレが一緒だったり、別々になっていたりと物件によって間取りは異なります。

一人暮らしをはじめる時の賃貸物件の探し方

賃貸物件を探すポイント、間取り、床の素材、広さ

賃貸物件を探す時のポイントとなる間取りには1Rや1Kなどがありますが、面積が同じであってもバスとトイレが一緒だったり、別々になっていたりと物件によって間取りは異なります。洗濯機置き場が屋外なのか屋内なのかのチェックはより重要です。屋外の場合には洗濯機が痛みやすいですし、冬屋外での洗濯は寒く厳しいです。できれば洗濯機置き場は屋内にある方が理想です。また二人で住む場合にはプライバシーを守るために2K以上の間取りがおすすめです。ロフト付の間取りもありますが、ロフトにベッドを置くと冬は暖かいですが、夏は暑くて寝苦しく、就寝には向いていません。ロフト付物件ならば物置にした方がよいです。

物件の床の素材は、畳やフローリング、クッションフロア、カーペットなど色々ありますが、畳やクッションフロア、カーペットなどが騒音を押さえてくれます。フローリングは利便性が高いのですが、下や上に音が響きやすいだけではなく、普通のマンションやアパートはあまり騒音に配慮されていないので、周りの音だけでなく自分の音にも気を付ける必要があります。

間取りで部屋を探すのではなく、広さで部屋を探す方法もあります。広さで賃貸物件を探すと目的の物件を探しやすく、引っ越した時の荷物が入らないという事も少ないです。また広さで探した方が不動産屋にも伝えやすいです。