初めて賃貸物件を探すときには、不動産会社に行く前に、インターネットなどで住みたい地域のアパートや、マンションの家賃の相場を調べておきましょう。

一人暮らしをはじめる時の賃貸物件の探し方

初めて賃貸物件を選ぶときに気をつけること

初めて賃貸物件を探すときには、不動産会社に行く前に、インターネットなどで住みたい地域のアパートや、マンションの家賃の相場を調べておきましょう。最近は、不動産会社に行かなくても、インターネットで物件を探すことができます。条件を絞り込んで検索をすることができるため、希望の物件が見つかりやすいです。いろいろな物件を見ていると、或る程度、その地域の家賃の相場がわかるようになります。インターネットで調べ終わったら、実際に不動産会社に行ってみましょう。

不動産会社についたら、希望の条件を伝えて物件を探してもらいます。家賃が高くなると、とても素敵な物件が見つかりますが、家賃が高すぎると、住み始めてから家賃が生活の負担になってしまいます。そのため、素敵な物件でも、自分で決めた家賃の予算をオーバーしてしまう場合は、他の物件にしましょう。良さそうな物件がみつかったら、実際に物件を見に行きましょう。見にいくときには、物件の中だけでなく、外の環境も確認をしましょう。近くにあるお店や、病院、駅までの距離なども確認しましょう。次に、共有スペースを確認します。ゴミを出す場所や、エントランス、階段、エレベーターなども確認をしましょう。

関連情報