独身の人の多くが、実家暮らしか、賃貸物件に暮らしています。

一人暮らしをはじめる時の賃貸物件の探し方

実家暮らしから賃貸暮らしを始めるときの費用

独身の人の多くが、実家暮らしか、賃貸物件に暮らしています。実家だと、家賃が必要ないので、働いたお金をある程度自由に使えることができます。そして、仕事から帰宅したら、親が夕ご飯を用意してくれたり、お風呂を沸かしてくれたりするので、快適に生活をすることができます。しかし、毎日親と一緒にいることで、喧嘩をしたり、面倒に感じることもあります。そのため、実家暮らしではなく、一人暮らしを選ぶ人もいます。一人暮らしは実家暮らしと違って大変なことも多いですが、いつ帰宅しても文句を言われることがないので、気楽です。

しかし、一人暮らしをするときには、いろいろな費用がかかります。まずは、敷金礼金です。敷金礼金は物件によって違いますが、家賃の3ヶ月分くらいを支払わなければいけません。そして、仲介料、前家賃、火災保険料なども必要です。家賃が6万円だとすると、全部で30万円くらい初期費用がかかります。しかし、それだけではなく、一人暮らしをするための家電や、家具も購入しなければいけません。初めての一人暮らしであれば、家電は購入しなければいけません。家具も、実家から持ち出すもの以外は購入します。費用がたくさんかかるため、お金を貯めてから一人暮らしを始めましょう。

関連情報